歯周病とは関係ないと思ってはいけません。

8020という言葉を耳にしたことがある人も多いと思いますが、
こちらは80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという運動です。

高齢になると歯は衰えていき、
最悪の場合は抜けてしまうことになります。

永久歯の場合は生え変わることはありませんので、
抜けた歯は入れ歯などで補っていくこととなりますが、
やはり本物の歯とは違いますので、噛む力は弱く、
合わない場合は痛みを伴うこともありますし、
見た目もよくありません。

さらに支えている歯に負担がかかるという問題もあります。

本物の歯が残っていれば、食事や会話もより快適に楽しめるようになりますし、口腔内だけではなく、

歯が健康であることは体全体の健康維持にも役立ちます。

歯を残すためには虫歯ができた場合は放置せず早めに治しておくことがおすすめです。

虫歯が悪化すると抜歯になることもありますので、できるだけ初期のうちに治しておきましょう。

そして歯が抜けてしまう最大の原因は歯周病ですので、
こちらもしっかり対策していきましょう。

歯周病が進んでくると歯が抜けやすくなってしまいますので、
毎日しっかり歯磨きをしておくことはもちろん、
歯科医院の定期健診やクリーニングも利用し、
良い状態を保っておきましょう。

歯周病は高齢の方だけでの病気ではなく、
若い世代にもあり、
少しずつ進行していきます。
初期のうちはあまり症状が出ないので、
気づいていないことも多いですが、
早めに対策を行うことでより多くの歯を残すことができます。

歯周病は怖い病気

歯周病がどれだけコワイ病気なのかを見てみましょう。

歯周病がもとで引き起こす病~気管支炎、肺炎

歯周病は、歯を失ってしまう可能性がありますが、放置していると更に酷い病気になる可能性があります。
どのような病気かというと、そのひとつが糖尿病です。
糖尿病とは、非常に密接な関係にありますが、どのような働きで糖尿病になるのかというと、炎症である歯周病が慢性化してしまうと、体が治癒をするために白血球をそこに送り出します。すると白血球が歯周病菌の出す毒素と反応してTNF-αという物質が増えてしまいます。TNF-αは腫瘍を壊死させるだけの物質と考えられていましたが、同時に炎症を悪化させて、等のコントロールをするインスリンの働きを妨害してしまうこともわかっています。上手く機能しないとなれば、必然的に血糖値が増えてしまうことになるのです。
さらに悪いことに、密接な関係というのは、一方的なものではなく、相互に作用する関係のことです。
つまり糖尿病の症状が悪化してしまうと、血糖値の上昇による血流の悪化が引き起こされます。
血流が悪くなれば、歯周病の炎症は治りにくくなり、さらに悪化します。
そして最初のTNF-αの分泌に戻るのです。
この悪循環が繰り返されていくと、終いには歯周病も糖尿病も手のつけようがないほどの重症となってしまい、最悪の場合には失明や足の切断などになってしまう恐れがあります。
そのような事態にならないよう、まず最初のきっかけである歯周病が悪化しないよう、速やかに歯科クリニックにて治療を行うべきです。

歯周病がもとで引き起こす病~糖尿病


歯周病は、歯を失ってしまう可能性がありますが、放置していると更に酷い病気になる可能性があります。
どのような病気かというと、そのひとつが糖尿病です。
糖尿病とは、非常に密接な関係にありますが、どのような働きで糖尿病になるのかというと、炎症である歯周病が慢性化してしまうと、体が治癒をするために白血球をそこに送り出します。すると白血球が歯周病菌の出す毒素と反応してTNF-αという物質が増えてしまいます。TNF-αは腫瘍を壊死させるだけの物質と考えられていましたが、同時に炎症を悪化させて、等のコントロールをするインスリンの働きを妨害してしまうこともわかっています。上手く機能しないとなれば、必然的に血糖値が増えてしまうことになるのです。
さらに悪いことに、密接な関係というのは、一方的なものではなく、相互に作用する関係のことです。
つまり糖尿病の症状が悪化してしまうと、血糖値の上昇による血流の悪化が引き起こされます。
血流が悪くなれば、歯周病の炎症は治りにくくなり、さらに悪化します。
そして最初のTNF-αの分泌に戻るのです。
この悪循環が繰り返されていくと、終いには歯周病も糖尿病も手のつけようがないほどの重症となってしまい、最悪の場合には失明や足の切断などになってしまう恐れがあります。
そのような事態にならないよう、まず最初のきっかけである歯周病が悪化しないよう、速やかに歯科クリニックにて治療を行うべきです。

歯周病がもとで引き起こす病~心臓病、脳卒中


歯周病はそれ自体が、重症となれば歯を失う深刻な病気ですが、そこから派生して心臓病や脳卒中を招くものです。
歯の病気が、何故心臓や脳に影響を与えるのかというと、まず歯周病になると炎症をもたらす物質が大量に作られます。
その物質は、血液の流れに乗って全身にいきわたるのですが、血糖値を下げるインスリンを阻害する働きもあるので、血糖値が上がってしまいます。
血糖値が上昇すれば、動脈硬化が発生する確率が高まるのです。
また、歯周病の原因となる菌には動脈硬化を引き起こす働きがあり、原因菌が血管に流れ込むと、血管内でプラークと呼ばれる固まりが出来てしまいます。そうなると、血液が流れにくくなりますし、万が一剥がれてしまうと、そこに血栓が出来て血管が詰まってしまうのです。
これらの現象が心臓の近くに起きると、心臓病となります。
そして、剥がれ落ちたプラークやそこで生じた血の塊は、血流に乗って更に別の場所にたどり着きます。
その場所が脳であれば、脳の血管が詰まり、脳卒中となるのです。

もともと、コレステロールや中性脂肪が高くて、心臓病や脳卒中になる可能性が高いという人は、喫煙や食事、睡眠などの習慣を改善して、それらの数値を落とすだけでなく、歯周病を予防する、あるいはなったらすみやかに治療することが最善です。
そのためには、汚れを落とすために正しい歯磨きをしていくことと、定期的に歯医者に通ってプラークの除去をしてもらうことが効果的です。

まとめ

歯周病は全身にわたる全身疾患といえる病気です。特にお口の病気としても虫歯、歯周病が大きな割合を占めています。

歯周病や虫歯はプラークと呼ばれるコロニーを形成します。その中には歯周病や虫歯の原因となる菌が1gになんと1000億以上発見されるほど大量に生息しています。ざっと1gというと爪楊枝で先端に少しつく程度の量に生息しているということになります。

腸内に並ぶほど口内には細菌が生息しているということになります。口内に存在する常在菌と呼ばれる細菌の中には歯周病原菌のように毒性が強く発するのもはないと言われています。

口内は臓器の中でも非常に強固で頑丈な機関なので容易に感染症は起こりにくいと言われていますが、一度粘膜や組織に炎症が起こることで症状が進行するようです。

歯周病、虫歯とともに細菌が原因となり症状として表れる病気なので口内を健康に保つことで

そこで昨今注目をされているのが口内フローラという物です。口内細菌叢とも言われますが、常在菌が口の中を正常に保ちバランスを取るものと考えると分かり易いと思います。

口内フローラを正常に保つというのは善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスを善玉菌側に傾けてあげることが理想とされており、その第一歩が歯科医でのメンテナンスでもあります。
歯科医でのメンテナンスで重要なポイントがこの旧いプラークの除去が大きな目的です。

古いプラークを取り除くことで口内の悪玉菌バランスを崩すことができるためです。

なぜ、悪玉菌が減るとよい影響があるのかというと腸内環境が健康で長生きできるというのはもっぱら常識的なこととなっています。それと同じようにお口の中もプラークのような悪玉菌よりも善玉菌や常在菌を増やせる環境を整えることで健康的な生活が手に入るといっても過言でもありません。

健康は食から始まります。食べられなければ健康は維持できません。

ですから、お口の重要度は今後もさらに高まることでしょう。

最近では、口内フローラに着目した歯磨き粉もあるようです。
例えば、ブリアン歯磨き粉と言われる乳酸菌BLIS M18を配合した歯磨き粉やL8020と呼ばれる乳酸菌を配合したものもあります。
ブリアンについて詳しく書かれていました。大人用もあるそうです。

BLIS M18、K12という成分はNCBIの論文に有益性が示されていました。

歯周病は全身に至る疾患です。既に患者数は総人口の60%が感染していると言われています。
予防や対策は入念に行っていきたいものです。

異変に気が付いたら
自身で判断せず、歯科医の受診をまずは第一に検討していきましょう。